天辰スマートモデル街区プロジェクト

再生可能エネルギーを活用したゼロエネルギーハウスや防災設備(見守りカメラ、かまどベンチ、蓄電池)、ICTを活用した地域ポータルサイトの設立により「21世紀の低炭素社会」に向けた新しいタウンを整備し、再生可能エネルギーの推進及び転入者も含め定住人口の増加を図ることを目的としたスマートタウン整備計画により進められるプロジェクトです。

そのプロジェクト、区画の愛称が「AI TOWN天辰」です。鹿児島県スマートハウス推進協議会で取り組みが進んでいます。

  1. 薩摩川内市天辰地区スマートモデル街区プロジェクト安全祈願祭 2019.5.10
  2. 【天辰ST整備進捗記】天辰スマートタウン整備状況報告~<1>22BL宅地造成~2019.5.17
  3. 【天辰ST整備進捗記】天辰スマートタウン整備状況報告~<2>22BL給水管引込工事~2019.5.24
  4. 【天辰ST整備進捗記】天辰スマートタウン整備状況報告~<3>22BL建築着工前作業~2019.6.11
  5. 【天辰ST整備進捗記】天辰スマートタウン整備状況報告~<4>22BL建築着工開始~2019.7.5-8.1
  6. 【天辰ST整備進捗記】天辰スマートタウン整備状況報告~<5>AI天辰 57BL土地造成開始~2019.8.7
  7. 【AI TOWN天辰進捗記】AI TOWN天辰整備状況報告~<6>AI天辰~2019.8.21-9.10
  8. 【AI TOWN天辰進捗記】AI TOWN天辰整備状況報告~<7>AI天辰~2019.9.19
  9. 【AI TOWN天辰進捗記】AI TOWN天辰整備状況報告~<8>AI天辰22BL歩道・ポケットパーク~2019.9.26-10.4
  10. 【AI TOWN天辰進捗記】AI TOWN天辰整備状況報告~<10>モデルハウスオープン2019.11.2
  11. 【AI TOWN天辰進捗記】AI TOWN天辰整備状況報告~番外編 平佐西地区の各自治会長等への視察説明会 2019.11.19

川内駅コンベンションセンター

川内駅東口に、公共・民間が一体となって新たな「にぎわいの創出」を目的に整備するコンベンション機能を核とする複合施設「川内駅コンベンションセンター」は平成30年12月19日に起工式をおこない、着々と工事が進んでいます。

そのコンベンションセンターに太陽光発電システム・蓄電池システム・地中熱を利用した水熱源空調設備・EMS(エネルギーマネジメントシステム)等を導入する通称「次世代エネルギーシステム導入事業」も工事が始まりました。平常時は川内駅コンベンションセンター自体の低炭素化とエネルギー効率の向上を図り、非常時においては、導入設備を活用した防災拠点設備として整備します。

  1. 川内駅コンベンションセンター 次世代ES導入進捗レポート1 地中熱交換器設置工事1 2019.5.16
  2. 川内駅コンベンションセンター 次世代ES導入進捗レポート2 地中熱交換器設置工事2 2019.5.28
  3. 川内駅コンベンションセンター 次世代ES導入進捗レポート3 地中熱交換機設置工事3 2019.6.4
  4. 川内駅コンベンションセンター 次世代ES導入進捗レポート番外編 2019.6.18
  5. 川内駅コンベンションセンター 次世代ES導入進捗レポート4 基礎部分施工(地中熱利用関係) 2019.10.21