スマートグリッド実証試験設備


市と九州電力が共同で実施する「スマートグリッド実証試験」の実証試験設備で、寄田中学校の跡地に太陽光発電設備や蓄電池、模擬配電設備等が設置されています。
今後、多くの太陽光発電が導入されることが予想されますが、太陽光発電は、天候により出力が大きく変わるという欠点があります。ここでは、太陽光により発電された電気を安定的に届けるための研究を行います。実証試験期間は、平成25年10月から平成27年3月までの予定です。